骨盤ダイエット | 簡単ダイエットで痩せる方法

カテゴリアーカイブ: 骨盤ダイエット

骨盤ダイエットの方法

骨盤矯正関連の書籍や雑誌の特集が多く出ていますが、その注目度の高さとともに、それらの中に「ダイエット」「やせる」「美脚」「ヒップアップ」「キレイ」「小尻」といった単語が多く登場することに驚かされます。骨盤矯正は腰痛や肩こりの改善はもちろん、美容効果という意味でもたいへん優れているのです。それではなぜ骨盤のゆがみを矯正すると、それがダイエットにつながるのでしょうか。正しい骨格を取り戻すことで、お尻の位置があがり、ウエストが締まって体のラインがすっきりしてスマートに見える、ということは確かにあります。

しかし、骨盤矯正の効果はそれだけではないのです。ゆがみによって脂肪がつきやすかった体質が改善され、ダイエット効率がアップするという点が重要なところです。骨盤のゆがみは中におさまっている腸や子宮などの内蔵にも影響を及ぼします。骨盤のゆがみ方には、ねじれる、曲がるという他に、ゆるむ(開く)というものがありますが、骨盤がゆるむと内臓が本来の正しい位置よりも下にさがってしまうことになります。

また、骨盤のゆがみによって不自然な圧迫がかかって血流やリンパの流れが悪くなります。リンパ液は体内の老廃物を回収する大切な役割をもっていますから、これらの圧迫によって新陳代謝が悪くなり、悪玉脂肪が蓄積しやすい状態になるのです。体(特に下半身)がむくむ、脂肪がついて下半身太りする、下っ腹がぽっこり出る、ウエストのくびれがなくなる、こういったことが骨盤矯正によって解消できる可能性が高いといえます。骨盤のゆがみによって悪影響が出ていた内臓が正常化すると、便秘が解消されておなかのラインがすっきりし、代謝の活性化でお肌までいきいきしてきます。

ところで、骨盤が開いていると太りやすいといいましたが、出産後のことを考えてみてください。よく出産後太ったという話を聞きませんか?これは一般に妊娠中に増えた体重が戻らなかったからとか、母乳のためにと思って食べ過ぎてしまったからと思われがちですが、本当にそれが理由でしょうか。
最近の産院ではより健全な出産のために、昔よりも厳しく体重管理をおこないますから、体重を必要以上に増やすことをしません。また、母体は取り入れた栄養をかなり母乳として消費しますから、そう簡単に太る原因がそこにあるとは思えません。

出産時、胎児を送り出すために女性の骨盤は最大に開きます。それがうまく戻らなかったとしたらどうでしょう。そのために太りやすい体質になっているとは考えられませんか?骨盤が開いたままであったり、ゆがみから片側しか閉じていなかったり、それらがたやすく脂肪がついてしまう要因だとするなら、食事を制限したり我慢するよりも、まず骨盤のゆがみを矯正することが先決です。

以前の記事